ヨネヤでは、認定眼鏡士が責任を持って、視力で悩む方々のお力になることを第一に考える、メガネづくりをしています。

ヨネヤ

強度近視のメガネ販売事例06

強度近視のお客様で眼科処方箋をご持参。主にコンタクトレンズを使用しておられます。

眼科処方箋度数

R=S-10.50 C-0.75 AX145
L=S-10.50 C-1.00 AX30  PD59mm

本来なら屈折率1.74〜1.76のプラスチックまたは屈折率1.8〜1.9のガラスレンズ適応なのですが、特殊なカラー(遮光眼鏡)なので屈折率1.60のプラスチックレンズしか選択肢がありません。PDも59mmと、決して広くはありません。デザインのお好みも考慮してウスカル枠の中から3本お選びしました。

1本目はルキウス(42□25)ですが、FPDを考慮すれば最適とは言えません。2本目は、やはりチタン製抜き枠(42□21)です。これは2mmほどの内寄せですので何とかなるかと思いましたが、フレームトレーサーによる計算上の最大縁厚がそれぞれ7.3mmと6.3mmということで実際に厚み見本を見ていただくと想定外の厚さだったようです。

もう1本は究極のウスカル枠シンメトリー(36□24)です。フレームトレーサーによる計算値では最大縁厚4.5mmとなり、この度数でこの屈折率の素材では驚きの薄さです。デザインでは前出の2本のどちらかが良かったようですが、やはり薄さを優先ということでシンメトリーに決まりました。