ヨネヤでは、認定眼鏡士が責任を持って、視力で悩む方々のお力になることを第一に考える、メガネづくりをしています。

ヨネヤ
様々なメガネの誤提案
強度近視用メガネ
子供用メガネ
大きいメガネ
小さいメガネ
スポーツ用メガネ
超軽量メガネ(スイスフレックス)
遮光メガネ
跳ね上げメガネ
携帯用メガネ
遠近両用メガネ
パソコン用メガネ
眼瞼下垂矯正メガネ(クラッチグラス)



 調節・輻輳・屈折異常の話

・眼は高性能のオートフォーカス
・「ピント合わせ」と「寄り眼」
・屈折異常とは

 斜位・眼位検査・プリズムの話
・眼鏡はただ見えるだけじゃダメ
・斜位(かくれ斜視)とは?
・プリズムによる斜位の補正
・こんな症状があったら

 メガネレンズの話
・メガネレンズの素材
・非球面レンズと球面レンズ
・凸レンズを薄くする
・調光レンズは1本二役
・クールな印象ライトミラーコート
・レンズの価格

メガネフレームの話
・メガネフレームの原産国表示
・超弾性メガネフレーム
・品質の良いメガネフレームとは
・フレーム選びに潜む落とし穴
・メガネフレームのバリエーション

 シニアメガネの話
・シニア眼鏡は「使い分け」で快適
・遠近累進との使い分けパターン
・シニア眼鏡作りは手間かけて

 メガネのメンテナンス
・メガネはとってもデリケート
・プラスチックレンズのご注意
・メガネのアフターケア
・ヨネヤのメガネ修理

 メガネ通販の問題点
・メガネ通販とは
・眼鏡を雑貨のように扱えるのか
・通販メガネのアフターケアは?
・「手軽さ」と引き換えに……

 その他メガネの話
・メガネとファッション
・伊達メガネでイメージアップを!
・日本のメガネ技術は野放し状態
・良いメガネをつくるための5箇条




メガネづくりのための知識や技術水準は、メガネ店によってまちまちです。
ヨネヤは「メガネづくりの専門家」ならではの知恵と技術で、快適視生活をサポートすることを第一に考えたメガネづくりをしています。




ヨネヤの屈折検査(検眼)

メガネの度数を決めるための屈折検査(検眼)は、メガネ店や技術者によってやり方が必ずしも同じではありません。
片眼をかくして測定する「片眼遮閉屈折検査」は一般的ですが、ヨネヤでは、より自然な屈折状態を知ることができる「両眼開放屈折検査」も実施しています。




両眼開放屈折検査とは?

両眼ともかくさない状態(両眼開放)で、片眼ずつ測定するという方法です。
片眼遮閉で起こりうる余計なピント合わせ(調節)を極力排除するという、より慎重な測定方法です。また、両眼の視線の潜在的なズレ(斜位)をチェックする「眼位検査」も重要な検査のひとつです。
「良く見えるんだけど今ひとつスッキリしない」「疲れてくると、ものが二重に見えることがある」などの訴えが、眼位検査をして必要な補正をしたことで軽快した例を販売記に掲載してございます。
それ以外にも快適なメガネを調製するために必要な検査があり、とても手間がかかります。
検査が終了するまで早くて30分、1時間以上かかることもございます。ただしご高齢、あるいはお体の具合で長時間の検査はつらい、と言う方もいらっしゃいますから、ケースバイケースで対応させていただきます。