ヨネヤでは、認定眼鏡士が責任を持って、視力で悩む方々のお力になることを第一に考える、メガネづくりをしています。

ヨネヤ

 調節・輻輳・屈折異常の話

・眼は高性能のオートフォーカス
・「ピント合わせ」と「寄り眼」
・屈折異常とは

 斜位・眼位検査・プリズムの話
・眼鏡はただ見えるだけじゃダメ
・斜位(かくれ斜視)とは?
・プリズムによる斜位の補正
・こんな症状があったら

 メガネレンズの話
・メガネレンズの素材
・非球面レンズと球面レンズ
・凸レンズを薄くする
・調光レンズは1本二役
・クールな印象ライトミラーコート
・レンズの価格

メガネフレームの話
・メガネフレームの原産国表示
・超弾性メガネフレーム
・品質の良いメガネフレームとは
・フレーム選びに潜む落とし穴
・メガネフレームのバリエーション

 シニアメガネの話
・シニア眼鏡は「使い分け」で快適
・遠近累進との使い分けパターン
・シニア眼鏡作りは手間かけて

 メガネのメンテナンス
・メガネはとってもデリケート
・プラスチックレンズのご注意
・メガネのアフターケア
・ヨネヤのメガネ修理

 メガネ通販の問題点
・メガネ通販とは
・眼鏡を雑貨のように扱えるのか
・通販メガネのアフターケアは?
・「手軽さ」と引き換えに……

 その他メガネの話
・メガネとファッション
・伊達メガネでイメージアップを!
・日本のメガネ技術は野放し状態
・良いメガネをつくるための5箇条




軽いメガネ

スイスフレックスレインボー

ある眼鏡業界誌が、女性のメガネユーザーを対象に行った「こんなメガネがあったらいい」というアンケート調査によると「軽いメガネ」というキーワードが1位だったそうです。
軽いメガネは「パッドの痕がつきにくい」「疲れない」「かけ心地が良い」というイメージがあるのでしょう。
でも、ただ軽いだけではダメなんです。
掛け具合をちゃんと調整できるフレームでなければ、いくら軽くてもかけ心地はよくありません。




壊れにくいメガネ

スイスフレックス

同じ調査で「壊れにくい」というキーワードは3位に入っています。
本当に壊れにくいメガネとは、スポーツ用のゴーグルタイプなのだろうと思いますが、普段使いには向いていませんし、普通のフレームに比べデメリットもあります。
普段使いで「壊れにくいメガネ」といえばやはり超弾性フレームでしょう。
ところが、 相変わらず「グニャッと曲げても元通り」という大げさな宣伝をしている業者もいます。
「曲がりにくい」というだけの低品質フレームは少なくありません。「かけ具合が直せない」だけでなく、超弾性を謳いながら「折れやすい」ものもありますから大げさな表現には注意が必要です。




そこでスイスフレックス

スイスフレックスは、ネジ・金属を一切使用しない超軽量メガネフレームです。
リムレスタイプ(クラシック)で本体重量わずか2,4gという軽さです。
スイスフレックスは曲げに強く、優れた弾力性をもつハイテクプラスチック素材で出来ており、フィッティングもちゃんとできます。
丁番や鼻パッドは「はめ込み式」で、ノーマルテンプルのイヤピースには感温性ラバーを採用。メタルフリーですから汗による錆や腐食とは無縁です。そして、使用時の耐衝撃性や安全性にも優れていますのでスポーツにもおすすめです。

ヨネヤではクラシック、キッズ、レインボー、リムの4シリーズを在庫しております。

※写真をクリックすると大きい写真をご覧になれます。


SWISSFLEX CLASSIC(クラシック)

スイスフレックス

大きい画像  

 

SWISSFLEX KID'S(キッズ)

スイスフレックスキッズ

大きい画像  

 

 

SWISSFLEX RAINBOW(レインボー)

スイスフレックスレインボー

スイスフレックスレインボースイスフレックスレインボー

大きい画像   

 

 

SWISSFLEX RIM(リム)

スイスフレックスリム

大きい画像  

 

 

ヨネヤの 「 SWISSFLEX 」 コーナー

スイスフレックス